お薦めの種類を徹底比較

硬水と軟水ではどちらが良いの?

ヨーロッパでは一般的な「硬水」と、私たち日本人にとってなじみ深い「軟水」。
様々な銘柄のミネラルウォーターが販売されているなかで、一体硬水と軟水のどちらが毎日飲むにふさわしいのか疑問に思うことがあります。

硬水は日本人からすると、味が少々しょっぱいと思うことがあります。
また、特有の「硬さ」を感じる場合もあり、よくよく口の中で味わってみると、マグネシウムが豊富に含まれていることがよく分かるでしょう。
硬水は一般的に、水分と栄養分を一度に補給できる水として定評があります。
妊娠時に妊婦さんの栄養補給の水として、またあるいは入院中や病気療養中の方など、免疫力が弱まっている場合にも最適です。
ヨーロッパでは水道水も硬水、また自然から採れるミネラルウォーターも硬水の所が多いので、軟水よりも硬水の方が一般的と言われています。

軟水は、硬水に比べて格段に「水らしい水」と言えるかもしれません。
あくまで日本人的な見方ではありますが、口に入れたときにスムーズに飲めるのはなんといっても軟水をおいて他にはないと思います。
日本では水道水もミネラルウォーターも軟水であり、天然の湧水の中でも硬水が採取できるところは限られているため、全国的に軟水への需要の方が大きいと言われています。
普段の生活でちょっと喉が渇いたときやお風呂上がり、汗をかいた後などにすぐ口にできるもの、それが軟水の特徴であり魅力です。

したがって、硬水と軟水の好みは人それぞれ。
両者どちらとも水としては申し分なく、飲用には最適です。
どちらにも決められないという方は、健康状態や気分によって硬水と軟水を飲み分けても良いかもしれません。

また「中硬水」「超硬水」など、硬水の中にもレベルが設定されていることがありますから、普段は軟水を飲んでいるという方でも、調子を整えてリフレッシュしたいと思ったときには硬水を選んでみたり、軟水で割って飲みやすくするなど、水の飲み方にも一工夫与えてみて飲用すると良いでしょう。