お薦めの種類を徹底比較

世界でも注目される日本のミネラルウォーター

日本で生産されている「ミネラルウォーター」は、主に軟水が主流。
軟水とは、水に含まれているカルシウムとマグネシウムの硬さが基準よりも少ないものを指しているものですが、欧米の硬水よりも日本人の口には軟水の方が合うと言われています。
世界でも日本のミネラルウォーターは有名で、特にアジア地域圏では日本の山や森などの自然を高く評価する声も多いですし、日本は無闇に森林伐採を行わず自然を出来る限り保護する国としても知られていますから、安全な場所から湧き出している水ということで定評があるようです。
また同じアジア圏ということもあって硬水よりも軟水寄りな傾向にあり、欧米産の硬水をミネラル補給のために購入する一方で日本産の軟水はゴクゴクと飲むために購入する人もいます。
日本に旅行をした際、まとめて買って帰る外国人旅行者も少なくないそうです。
ヨーロッパやアメリカなどでは、硬水を使った食文化が進んでいるため軟水よりも硬水が好まれる傾向にはありますが、ヘルシーでダイエットに最適な日本の和食がブームになりつつあるなか、和食にもっとも合う軟水をわざわざ使用する日本食料理店やレストランもみられます。
また、現地滞在の日本人が日本からの輸入食料品店で軟水を購入することもよくあるそうです。
安全性や味、自然環境など総合的に考えて日本の水はとても安全であると言えます。
たとえば、パスタやマカロニなど海外の食材については茹でる際に硬水を使ったほうが良いですが、うどんやそばなど日本の麺類、あるいは白米などは軟水を用いたほうがうま味が引き出されて食べやすくなるとも言われており、外国にも徐々に日本の水の良さが広まりつつあります。
海に四方を囲まれ、一年を通して雨や雪がよく降り、かつ川や湖なども多いので「水資源」がとても豊富な日本。
私たち日本人が毎日のように飲んでいる水も、世界から見れば実はとてもうらやましいものなのです。
毎日の健康をサポートしてくれる飲料水として、日本の水は今後さらに世界中の注目を集めることでしょう。